基礎知識から割安サービスに意外な利用法まで!特急輸送バイク便の秘密を徹底解説!

バイク便を便利に活用する実例と利用する上での注意点

こんな使い方も!バイク便利用の実例集!

買い物代行の他にも、バイク便には便利な使い道があります。
例えば家族が携帯電話や書類などを忘れて仕事に向かった場合、自宅の家族からバイク便で仕事場に届けてもらうケースもあります。
自宅から会社の距離では、料金もそれほどかかりません。

またバイク便のライダーが、荷物の配送だけでなく、届け先で軽作業などを手伝うサービスに対応する業者もあります。
他にも自分の自動車の車庫証明やナンバープレート登録について、必要書類さえ用意すれば、ライダーが書類を警察署に届けた上、代行手続きを行ってくれることもあります。

ただし運送料とは別に手数料が必要なのと、法令違反になる場合など、作業内容によっては手伝えない場合もあります。
詳しくはやはり業者に相談してみてください。

覚えておこう!バイク便を使う際の注意点!

バイク便で運搬できる荷物の大きさや重量は、各業者ごとに規定されています。
ただその範囲内なら荷物がいくつでも料金は一定です。
それから法律上、信書に当たる文章を配達できる業者はいくつかの大手のみになります。
これらの点は、依頼の際に業者に確認しましょう。

またバイク便が受け取りに来てから荷物を渡すのに時間がかかると、追加料金がかかる場合があります。
バイク便が来たら荷物を渡して即出発してもらえるよう、あらかじめ荷物の準備をしてから頼んだほうがいいでしょう。
雪など悪天候の場合も料金割り増しになることがあります。

万が一、輸送の際に荷物が破損した場合、多くの業者に補償制度がありますが、補償額には上限があります。
よほどの事情がない限り、高価な品や希少な品をバイク便で送ることは避けたほうがいいでしょう。